辛いカレーを子ども用の甘口カレーにする方法を伝授!

カレーを甘くする方法1
お子様のいる家庭で直面するカレー問題!

子どもは辛いのは食べれないけど

子どもに合わせて甘口のカレーにすると大人が美味しく食べられない・・・

私もいまだに辛いカレーが苦手で
甘口カレーを作るのですが、家族には「辛口がいいのに」とぐちぐち言われます。

そんなわけで辛口カレーを辛いのが苦手な私やお子様でも食べられるように家庭にストックしてあるであろうもののなかで、甘くまろやかにするおすすめの隠し味を集めてみました^^

連日カレーネタ続きですがお許しください(汗)

一度お試しあれ

①牛乳
②くだもの
③はちみつ
④ヨーグルト
⑤コーンポタージュの素



牛乳

カレーを甘くする方法_牛乳
私の母が作るカレーは、規定のお水の量を減らして、水を減らし多分牛乳を入れてました。
牛乳が苦手な子でもこれなら摂取できますし、辛味が抑えられて子どもでも食べやすくなります。
カレーの色が少し白っぽくなってしまいますが、栄養満点なので大目に見てもらいましょう!

最後に追加で入れる場合、目安としてはカレー8人前に対して牛乳50cc~100ccくらいです。

くだもの

カレーを甘くする方法_くだもの
果物の中でおすすめなのはリンゴかバナナです。
リンゴは皮を剥いてすりおろして入れてみてください。
バナナは潰してから入れてくださいね。
フードプロセッサーでやると簡単みたいです(←我が家にはそんなハイテクなものない)

はちみつ

カレーを甘くする方法_はちみつ
カレーの隠し味の定番の一つですよね。
なんならカレールーの箱にもでかでかと書いておるものもあります。
ハチミツを入れてちょっと煮込むと旨みとコクがプラスされます。

が、ハチミツは入れ過ぎ注意です!
少量でもかなりの効果を発揮してくれますので味見しながら調整してくださいね。

ヨーグルト

カレーを甘くする方法_ヨーグルト
ヨーグルトをいれると、辛さを抑えつつ、コクと酸味がプラスされます。
ヨーグルトはカレーの甘みを増すと言うよりは、辛さを和らげると言ったほうがいいかもしれません。
酸味もプラスされるので、お子様よりも高齢者向け用におすすめです。

コーンポタージュの素

カレーを甘くする方法_コーンポタージュの素
じつはこれが大本命です。
昔やっていた伊東家の◯卓という番組でも紹介されていましたので、現代のママ世代で「知っている」という方も多いのじゃないでしょうか。

コーンスープの素はトウモロコシの甘みが凝縮されているので、優しい甘みをカレーに追加してくれます。
日持ちするものなので我が家では常にストックしてあります(笑)

他にもチョコレートだったり、ジャムだったりご家庭によって様々工夫をされていると思いますが、私のおすすめは以上です!
ぜひお試しくださいね^^

関連記事
カレーのルーがちょっと足りないときに使える裏技、豆知識
市販のカレールーに一手間加えてカレーを美味しく作るコツ